太陽光発電とは

つくり、つかい、売る 地球と家計にやさしい発電

太陽光発電は地球と家計にやさしい発電。
自然エネルギーである太陽光で電気をつくり、
自家の照明や暖房の大部分をまかなって、
つかいきれずあまったぶんは電力会社に売る。
だから、CO2排出量の削減と光熱費の節約に、
大きなちからを発揮するのです。

発電のしくみ

1.太陽電池モジュールが太陽光を直流電力に変換します。
2.接続箱が直流電力を収集し、パワーコンディショナに送ります。
3.パワーコンディショナが直流電力を家庭で使用できる交流電力に変換します。
4.分電盤が交流電力を電気設備機器に供給します。
5.電力があまったときは売電を、電力が足りないときは買電を自動的におこないます。

発電のしくみ

ページトップへ

発電パターン

発電量が多くなる晴れた日の昼間は、発電した電気を電気設備機器に供給し、あまったぶんを電力会社に売ります。また、発電量が少なくなる曇り・雨の日や発電をしなくなる夜間は、電力会社から電気を買って電気設備機器に供給します。

発電と売電・買電の関係

エコウィルやエネファームと組みあわせたダブル発電がおすすめです!
ガスで発電するガスコージェネレーションシステムエコウィルや、水素と酸素で発電する家庭用燃料電池エネファームと組みあわせてダブル発電も可能です。太陽光発電単独の場合にくらべ発電量がアップするのでCO2が効果的に削減できるほか、電力会社に売る電力が増え買う電気が減って光熱費も大幅に節約でき、より理想的な暮らしがかなうようになりますよ。  
ページトップへ